立山黒部アルペンルートの玄関口として知られる長野県大町市。 風光明媚なこの地は、紅葉の美しさが県内有数の名勝地として知られる高瀬渓谷、四季の移り変わりが豊かな居谷里湿原や唐花見湿原、北アルプス山麓唯一の天然湖「木崎湖」など、豊かな自然に恵まれています。 このような恵まれた環境の中、自然と強調しながら、リラックスした心持ちで、 小さい店ながらも“こだわりのある専門店”として、ゆっくりと育んでいきたいと考えております。

長野県大町市は、水の美味しいことで知られています。現在、市内の水は、JR信濃大町駅前にある、大町商店街を境に、東側は標高900mの居谷里湿原の湧き水「女清水」、西側は標高3000mの北アルプス上白沢(黒部ダムの入り口の川の上流)の湧き水「男清水」が使われています。東では女の子が、西では男の子が生まれるのだとか。 冬季は雪などで汲みにいけないこともありますが、 季節に合った美麻・八坂の水でまろやかな珈琲をお楽しみください。

ストローベイルハウスとは、藁(ストロー)のブロック(ベイル)を積み重ね、土と漆喰で塗って家です。 美麻珈琲はこのストローベイルハウスで、セルフビルドで建てられました。解体すると土に還り、産業廃棄物をほとんど出さない究極のエコロジーハウスであり、壁の厚さは50センチにもなり、防音断熱性にも優れています。 そのため夏の冷房や冬の暖房にかかるエネルギーが節約できます。内部の壁や床もすべて自然素材です。 住む人のココロとカラダにとても良い影響を与える究極のオーガニックハウスで 生まれる美味しい美麻の珈琲を楽しんでください。

美麻珈琲には、フィンランド『ナヌーンラーデン ウーニ』社製の蓄熱式暖炉型ストーブ『Nunna Uuni』の 石づくりのストーブを設けています。 マムッティーストーンという石は、27億年前の地層から産出されるそうです。 優れた耐熱性を持ち、ストーブの火室を保護しながら、熱を効果的に暖炉構造物へと伝え、お店を快適なぬくもりに毎日保ってくれています。煙がほとんど出ない完全燃焼なのでCO2の削減にもつながります。